たこ焼きR 大阪風たこ焼き屋のロゴです当店オリジナルキャラクター たこ焼きレンジャーたこ焼きRでは電話予約の受付をしています。是非、ご利用ください。
ねぎトッピングが大人気!ねぎ乗せしょうゆマヨ関西出身者に大人気 ソースマヨネーズたこ焼きRが作る中がトロッとしてやわらかい大阪風たこ焼きたこ焼きRの店内です。中で生ビールやジュースとともに超できたてが食べれます

たこ焼きは作りたてがおいしい

「たこ焼きはできたてがおいしい」というこだわり

たこ焼きRではおいしいたこ焼きを食べてもらうために、お客様に10分待ってもらうことが多いです。

たこ焼きって、パックに入っているたこ焼きを買うか、鉄板の上に乗っているたこ焼きを買うことが多いと思います。しかし、両方とも間違いです。たこ焼きはできたてを買うべきです。

たこ焼きの生地の中身によって、パックに入っているたこ焼きや鉄板の上に載っているたこ焼きのおいしさは違いますが、たこ焼きの’通’としては、賛成できません。

パックに入っているたこ焼きはできてからどれくらいの時間が経っているかが問題になります。生地を工夫すると、冷えてもそれなりにおいしく食べれるたこ焼きを作れるのですが、やはりたこ焼きは暖かい方がおいしいです。電子レンジを使うよりもできたてのほうが、どんなに生地を工夫してもおいしいですね。パックに入っているたこ焼きはできたて(作られてから30分以内)であることを確認しつつ、買うといいでしょう。

また、鉄板においてあるたこ焼きは色に注目してください。食べれるたこ焼きを鉄板の上に置いたまま、ぐるぐるまわしてることが多いです。特に大阪でバイト君を雇っているお店に多いです。

そういうおいしくないたこ焼きの色は黒いのです。おいしいたこ焼きはどちらかというと白がベースで、少し焼き目がついているくらいがおいしいでしょう。(これは、人の味覚に大きく作用されます。

たこ焼き屋さんの中には「30分くらいは鉄板の上で保温させる技術がある」と自慢げに話す人がいますが、長い時間鉄板の上においておくと、たこ焼きに必要な水分が飛び、外側が「カリッ」という食感ではなく、ただ硬いという感じになってきます。特に油を多く使用するたこ焼きの場合、水分が減ることにより油っぽさが前面に出てきて、あまりお勧めできないたこ焼きになります。

たこ焼きRでは注文されてから焼くことも多く、できてから30分以上経ったたこ焼きは売っていません(スタッフが味見や食事として食べてます。それでも余った場合は、親戚や古くからの友人に渡したりしてます。)。また、すでにできているたこ焼きを鉄板の上に保存することもありません。

「できたてちょうだい」と注文しても、20分くらい鉄板の上においていて、パックにつめて冷えてしまったものを「できたばかりです」と平気な顔をして出すお店とはたこ焼きに対する愛情が違います!おいしいたこ焼きをお客さん目線で考えているのは間違いないです。

ということで、たこ焼きを買うときは少し待っても仕方がないと考えてくれるとうれしいです。おいしさのために。

特徴3:油が少なく、とってもヘルシー。そしておいしいたこ焼き