たこ焼きR 大阪風たこ焼き屋のロゴです当店オリジナルキャラクター たこ焼きレンジャーたこ焼きRでは電話予約の受付をしています。是非、ご利用ください。
関西出身者に大人気 ソースマヨネーズ味 たこ焼きR オリジナル生地で作ったやわらかい大阪風たこ焼き 大阪名物たこせん 東京では結構めずらしい たこ焼きRの店内です。中で生ビールやジュースとともに超できたてが食べれます

東京へのたこ焼きの普及

東京を含む全国へのたこ焼きの展開

バブル前のゆっくりとした普及

バブルの前くらいまで、東京の人はたこ焼きを食べることはほとんどありませんでした。

昭和30年台はまだ東京にはほとんどたこ焼き屋や屋台が存在しませんでした。2009年現在で60代後半の人は、子供の頃にたこ焼きを食べたことがなかったはずです。

昭和40年代になると、東京を含む関東地方でたこ焼きの屋台がお祭りや夜店で見られるようになりました。しかし、どちらかというと「色物」「珍しい食べ物」といった扱いで、一般的なたこ焼きとは違う味や風味のものも多かったそうです。話を聞いている限りではお菓子(駄菓子の発展版みたいなもの)っぽい扱いのような気がしました。

その後は、関東を含む全国に少しずつたこ焼きを売る店は増えていったようですが、祭りの屋台などで限定されていることが多く、あまり一般的なものではありませんでした。

京たこなど大手の全国展開