たこ焼きR 大阪風たこ焼き屋のロゴです当店オリジナルキャラクター たこ焼きレンジャーたこ焼きRでは電話予約の受付をしています。是非、ご利用ください。
関西出身者に大人気 ソースマヨネーズ味 たこ焼きR オリジナル生地で作ったやわらかい大阪風たこ焼き 大阪名物たこせん 東京では結構めずらしい たこ焼きRの店内です。中で生ビールやジュースとともに超できたてが食べれます

たこ焼きの歴史

たこ焼き

たこ焼きの歴史

会津屋によるたこ焼きの発明から普及まで

会津屋にて開発されたたこ焼きですが、一気に真似する店が増えていったようです。

当時は生のタコをたこ焼きに入れていたと言います(今もこだわりを持って、生タコを入れてる店もあります)。生のタコから出たダシが、たこ焼き全体の風味と味を決めます。

牛スジよりタコの方がネタに合ったのでしょう。同じく会津屋が開発したラヂオ焼きを突き放す勢いで、たこ焼き屋が増えていったといいます。たこ焼きの最後に残る食感と風味はタコじゃないと出せないものです。

たこ焼きが開発された大正10年から第2次世界大戦が始まるまで、たこ焼きは「会津屋のたこ焼きのレプリカ」という形で発展していきました。

「レプリカ」という表現について、説明します。

会津屋のたこ焼きはしょうゆベースの味付けがされており、ソースも何もつけずにそのまま食べるものです。そんなたこ焼き屋がたくさん大阪にできました。簡単に言うと、真似する人が多かったということです。

しかし、そのたこ焼きで会津屋と遠藤留吉さんの情熱にかなう人はいなかったようです。

今のたこ焼きとは違う、元祖たこ焼きは今でも大阪の会津屋で食べることができます。是非食べてみてください。(どうやって、味付けをしているか、わからないという意見が多いようです。たいていの大阪のたこ焼き屋は何を使っているかたこ焼き屋ならある程度わかるのですが、会津屋さんは独特のためベースとなっている粉がわからないみたいです。)

戦後のたこ焼きの普及