たこ焼きR 大阪風たこ焼き屋のロゴです当店オリジナルキャラクター たこ焼きレンジャーたこ焼きRでは電話予約の受付をしています。是非、ご利用ください。
関西出身者に大人気 ソースマヨネーズ味 たこ焼きR オリジナル生地で作ったやわらかい大阪風たこ焼き 大阪名物たこせん 東京では結構めずらしい たこ焼きRの店内です。中で生ビールやジュースとともに超できたてが食べれます

たこ焼きの歴史

今でも人気のある明石焼き

作り方

明石では「卵焼き」と呼ばれているように、とても卵の量が多いです。だし焼き卵を丸くしたものだと考えていいでしょう。ダシや小麦粉等を入れた「とき卵」を穴に入れて、たこ焼きと同じく丸い形にします。中にはタコが入っています。

特徴・たこ焼きとの違い

形は同じですが、全く違うものです。

明石焼きは「卵焼き」、たこ焼きは「小麦粉等を溶かしたものを焼いたもの」です。共通点も多いですが、全然違う食べ物です。

具にタコを使うという部分では共通ですが、明石焼きは他のものを入れないという意味でもたこ焼きとは異なります。たこ焼きはネギ、紅生姜、天かすなどを入れますからね。

たこ焼きに引き継がれているもの

まず、中にタコを入れるということが共通しています。たこ焼きのタコを入れるというアイデアはオリジナルでなく、明石焼きからもらったアイデアです。明石焼きのある瀬戸内海に面した明石市は、ブランドタコの産地で、おいしいタコが取れるところです(正直な話としては、昔話だと思っていますが。今の明石のタコはブランド化されるほどの価値があるかどうかわかりません)。その明石だからこそ出てきたアイデアだと言えるでしょう。

タコのダシと味と風味の全てが、あの丸いものの中に納まるところが最高なのです。

備考

明石地方以外、特に東京などでは、存在を知っていても、明石焼きを食べることができる場所がほとんどありません。あったとしても、中にいろいろなものが入っていて、本来のこだわりである「具はタコしか入れない」というポリシーから外れてしまっているような気がします。

ちなみに、たこ焼きRのある立石では、駅前に明石焼きが食べれるバーがあります。おいしいですよ。

たこ焼きと並んで、明石焼きも素晴らしい日本食のひとつ。チャンスがあれば、食べたいものです。特に、たこ焼きが好きな人はチャンスがあれば食べて違いを楽しんでください。

たこ焼きの実の父−ラヂオ焼き